【津山三十人殺し】犯人、都井睦雄の生い立ちから犯行までが怖すぎる

12
1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/21(日)23:39:57 ID:jhK
彡(゚)(゚)「ヤらせてぇや」

女「ひっ…!」

彡(゚)(゚)「旦那とはご無沙汰なんやろ、ワイが相手したるさかい」

女「か、堪忍して!」タタタ

彡(゚)(゚)「…くそ、また逃げられた…、ワイが何をしたっていうんや」

彡(゚)(゚)「せめてワイが…ワイが結核やなかったら…」


彡(゚)(゚)←都井睦雄役、名前は「やきう」

津山事件

津山事件(つやまじけん)または津山三十人殺し(つやまさんじゅうにんごろし)は、1938年(昭和13年)5月21日未明に岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾・坂元両集落で発生した大量殺人事件。2時間足らずで30名(自殺した犯人を含めると31名)が死亡し、3名が重軽傷を負うという、日本の犯罪史上前代未聞の殺戮事件であった。

一般には津山事件と呼ばれることもあるが、この呼称は便宜上、地域にある知名度の高い中心都市の地名を冠したものであり、正確には津山市外の西加茂村で起きた事件である。また、犯人の姓名を取って都井睦雄事件ともいう。

横溝正史の小説『八つ墓村』、および西村望の小説『丑三つの村』のモチーフになった事件である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/津山事件

引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1495377597/

続きを読む

Source: 不思議.net

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク