ピンクコンパニオン相手に俺がバーサーカーになった話


Ec8T8pbU8AAvLFP

※5年前の今日の記事からおすすめを再掲しています

1:名無しさん@おーぷん
2016/07/19(火)00:49:36W4P

去年の話だ。
飲み会でピンクコンパニオンを初めて呼ぶということになり、男子共のテンションは最高潮

当日俺は用事で30分ほど遅れて現地に着いた


4:名無しさん@おーぷん
2016/07/19(火)00:51:58W4P

遅れて入ると、既に場は盛り上がっていた。
もう完全にうぇーい状態。けど、ピンクコンパニオンは見た感じ「普通のコンパニオンと何処が違うのか?」と思うくらい普通に男共の隣で尺八じゃないぞ、お酌してた。


6:名無しさん@おーぷん
2016/07/19(火)00:55:37W4P

俺に気づいたその他大勢は「キター!」とばかりに皆で迎えてくれた。

何故か拍手喝采。
ちょっと照れながら俺の席らしき場所へ。

「この唐揚げこの子が作ったんだぜ!食べて見て!」

と言われたので、何の疑いもなくそれを口に運ぶ。
……この時点で、おかしいことに俺は気づいてなかった。やはり俺も無駄にテンション上がってバカになっていたのだ


7:名無しさん@おーぷん
2016/07/19(火)01:03:04cOw

はよ

続きを読む

Source: キニ速

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク