CIAが敵の組織を破滅に追いやるために、スパイに実行させたマニュアルが凄い !

girl-4540270_640
1: ボマイェ(東京都)@\(^o^)/ 2016/08/29(月) 08:47:38.60 ID:qkNvVYLz0 BE:306759112-BRZ(11000)
CIAは第2次世界大戦中に敵国にスパイを潜入させて、組織が機能しなくなるよう工作活動を行っていました。
その中でも、「Simple Sabotage Field Manual」と呼ばれる極秘マニュアルには、
組織を機能不全に追い込むためにはどのように行動するべきかという「組織の癌」とでも呼ぶべき愚者の心得が説かれており、
ここには時代を問わず多くの組織で反面教師とするべき含蓄があります。

CIAがスパイに実践させた組織腐敗行動は以下の通り。このような行動は、すべての組織を機能不全に追い込むと考えられています。

◆組織と会議

・何をするにも「指揮系統」を主張せよ。意志決定を早めるためのいかなるショートカットも認めないようにせよ

・ひたすら「演説」せよ。演説は可能な限り頻繁に、そして尋常ならざる長さで行え。論点は、長々とした逸話や体験談で形作れ

・可能な限り、委員会(会議)に全ての項目を提示せよ。そして「さらなる調査と検討」を求めよ。委員会の大きさはできる限り大きなものにせよ。委員会は決して5人未満ではいけない

・できるかぎり頻繁に関係のない話題を持ち出せ

・解決策が出る直後に、正確な言葉をもって押し問答せよ

・前回の会議で決まった問題を持ち出して、その決定を再検討するように議論を蒸し返せ

引用元: https://hayabusa8.5ch.net/test/read.cgi/news/1472428058/

続きを読む

Source: 不思議.net

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク