【話題】黒人救済のためシアトルに行った日本人が到着15分で黒人にボコボコにされる / 大袈裟太郎さん

1: 赤色超巨星(埼玉県) [MA] 2020/06/22(月) 23:10:47.26 ID:NdLk/ARR0● BE:472367308-PLT(16000)
黒人デモや人権問題に共感し、黒人救済を強く心に刻んで北米シアトルに出向いた日本人の猪股東吾さん(38歳)が、黒人にボッコボコにされるという事件が発生。シアトルの目的地区に到着してたった15分後にボッコボコにされたためなのか、かなりショックはでかいようだ。

・黒人救済のため情報を世界に伝えようとした
猪股東吾さんは、大袈裟太郎という名前でも活動している人物だ。黒人がどれだけ偏見のなかで生きているのか? その実情を知り、黒人救済のため情報を世界に伝えようとした猪股東吾さんだったが、

目的地区に到着して15分で黒人にボッコボコにされたわけで、動画を見るかぎり、かなり意気消沈しているように感じた。

(中略)

・猪股東吾さんに応援の声が多数寄せられる
そんな悲運な事件に遭いながらも懸命に現地リポートしている猪股東吾さんに対し、「話し合いで解決できるはずだ! 殴った黒人は悪くない、差別がそうさせる」

「怯まず頑張ってください! 殴った黒人に罪はありません、社会が悪いのです。黒人の方に突如暴力振るわれようが強奪されようが、許してあげましょう」と励ましの声がSNSに投稿されている。

(中略)

黒人救済のためシアトルに向かい、黒人にボッコボコにされてしまった猪股東吾さんだが、彼が素晴らしいのは、いっさい黒人を恨んでいない点だ。

正義の焦点がブレずにしっかりと定まっているのである。猪股東吾さんに敬意を表したい。

(以下略)

動画や全文などはサイトで
https://buzz-plus.com/article/2020/06/22/blacklivesmatter-ogesa-taro-news/

シアトル

続きを読む

Source: 哲学ニュースnwk

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク