【都市伝説】地獄の惨状ミイラ船良栄丸

1927年10月31日、 カナダ西海岸バンクーバー島。
 
ワシントンのシアトル港への帰路についていたアメリカの貨物船「マーガレット・ダラー」号は、
行方不明になっていた小型漁船「良栄丸」を発見した。
ボロボロに朽ち果てた船体、ミイラの転がる甲板、激しい死臭、白骨体、足の無い死体。

船室には、頭蓋骨を砕かれた白骨体とミイラがあった。
船室奥の部屋には、おびただしい血痕が染み付いていた。

 
船尾の司厨室では、海鳥の白い羽が至るところに散らばっており、コンロの上にあった石油缶の中には、人の腕が入っていた。
船内には食物も飲料水も無く、エンジン機関部は全て破損していた。
ところが、船長室から見つかった3冊のノートには、信じられない惨状が書かれていたのだった。

そのノートによると、良栄丸の情報は以下の通りだ。

a.. 重量は19tで1本マスト
b.. 船主は和歌山県の藤井三四郎
c.. 船長は三鬼時蔵
d.. 機関長は細井伝次郎
e.. 乗組員は12名
f.. 神奈川県の三崎港を出港したのは1926年12月5日
g.. 約1年間漂流していた
 
ここで疑問が浮かぶ。
発見された死体は9体、記録には12名とある。

3名はどうなったのだろうか。
ship_nanpasen

続きを読む

Source: 哲学ニュースnwk

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク