伝説の「クジラの爆破解体イベント」から50周年を迎える、爆破の瞬間を記録したムービーも公開中

1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/11/16(月) 16:22:31.05 ID:AScZemFb9
2020年11月16日 15時00分 動画

no title

1970年11月9日、アメリカ・オレゴン州のフローレンスという町の海岸に、体長約45フィート(13.7メートル)のコククジラが漂着しました。処理に困ったオレゴン州当局は「クジラを爆破解体する」という決定を下し、見物客やTVカメラの前でダイナマイトを使った爆破が実行に移されました。「伝説のクジラ爆破解体イベント」として知られるこの一件について、オレゴン州のTV局であるKATUが爆破シーンを撮影した報道映像の4Kリマスター版を公開し、当時の関係者へのインタビューも行っています。

The Exploding Whale remastered: 50th anniversary of legendary Oregon event | KATU
https://katu.com/news/local/the-exploding-whale-50th-anniversary-of-legendary-oregon-event

Fifty years ago, Oregon exploded a whale with a half-ton of dynamite – The Washington Post
https://www.washingtonpost.com/nation/2020/11/13/oregon-whale-explosion-anniversary/

実際にクジラを爆破解体した様子は、以下のムービーを見るとよくわかります。

漂着したクジラを前にマイクを持っているのは、当時KATUのニュースリポーターを務めていたポール・リンマン氏。

no title

漂着したクジラはおよそ14メートルで、当局が処分方法について考えているうちにも腐敗が進み、悪臭が問題になっていたとのこと。

no title

周囲のビーチにまで悪臭が広がったため、漂着から3日後の11月12日にオレゴン州当局は「クジラを爆破解体する」ことを決定しました。

no title

爆破解体に動員されたのはオレゴン州運輸局の高速道路課に勤めていたエンジニアたち。

no title

爆破のため、およそ0.5トンものダイナマイトが砂浜に運び込まれたそうです。

no title

no title

クジラの体を爆破して細かく解体することにより、カモメやカニが食べたり波がさらったりしやすくなると、当局は考えていました。

no title

インタビューを受ける高速道路課のエンジニア。

no title

クジラの周囲にダイナマイトが設置され、準備が完了。

no title

クジラの爆破解体というめったにないイベントを見るため、周囲には見物客も集まりました。

no title

no title

人が遠ざかったところでカウントダウンが始まり……

no title

爆発。

no title

見物客からは歓声が上がります。

no title

しかし、バラバラになった腐敗した脂身が爆風によって予想以上に遠くまで飛散し、人々は慌てて頭上に降ってくる脂身から逃げる羽目になってしまったとのこと。リポーターのリンマン氏やカメラマンのダグ・ブラジル氏も脂身をかぶってしまったそうです。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://gigazine.net/news/20201116-legendary-oregon-event-exploding-whale/

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605511351/

続きを読む

Source: 不思議.net

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク