最強の剣:レーヴァテイン、弓:インドラの弓、槍:ブリューナク

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/13(水) 21:33:13.11 ID:ZSQ+x72Y0
これで異論はないよな

レーヴァテイン
北欧神話の原典資料においては、世界樹の頂に座している雄鶏ヴィゾーヴニルを殺すことができる剣(正確には剣とさえ明言されていない)で、「狡猾なロプトル」(ロキ)によって鍛えられ、女巨人シンモラが保管している、という程度の記述しかない。

しかし、シンモラの夫が巨人スルトルであることから、現代日本のファンタジー作品などにおいては、ラグナロクの際にスルトルが振るった剣および炎を指す名称として用いられることもある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/レーヴァテイン

408px-The_giant_with_the_flaming_sword_by_Dollman



続きを読む

Source: 哲学ニュースnwk

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク