「南海トラフ」地震は起こるのか?現在は嵐の前の静けさ状態…2021年の巨大地震を専門家が予測

map-3476649_640
1: ばーど ★ 2021/01/12(火) 14:23:09.85 ID:uSPgQEyW9
※HARBOR BUSINESS Online

’21年は日本列島に激震が走る!? 長年懸念されている「南海トラフ」「首都直下型地震」の兆候は出ているのか? 今もっとも危険な地域はいったいどこなのか? 逃げ場のないコロナ禍のニッポンで、我々が生き延びる術とは?

■現在は嵐の前の静けさ状態。近々巨大地震が起きる?

 例年、国内で発生する震度5弱以上の地震は少なくとも8~10回。しかしながら昨年は10月までの時点で3回という異常な少なさだった。ところが11月下旬から年末にかけて、各地でたて続けに4回もの中規模地震が起こるという不気味な現象が。

(中略) 

’21年にリスクが高まる地震予測エリアとは

 村井氏によると、地震の発生は地盤の“沈降傾向”と深い相関があるようだ。

「東日本大震災、熊本地震の事例では、巨大地震が起きる数か月前から沈降が続き、直前にさらに顕著になった。この経験則によれば、昨年9月ごろから観測されていた静岡県沼津市の沈降傾向が大きな地震に繋がらないかと心配しています。富士山周辺、駿河湾沿い、房総半島には警戒が必要です」

 ’21年巨大地震予測マップに掲げたうち③信越地方・群馬県と⑤房総半島周辺と⑥富士山周辺・駿河湾沿いが、村井氏が独自に提唱する「ミニプレート理論」から導き出された、’21年にリスクが高まる地震予測エリアだ。

(中略)

■2度目の巨大余震がやってくる可能性も

 東日本大震災から今年で10年。震源地の三陸沖や茨城県沖周辺ではいまだに余震が続く状況にあるが、これはいつまで続くのか。「そろそろ2度目の巨大余震が来てもおかしくない」と見解を述べるのは、自然災害科学について研究を続ける立命館大学教授の高橋学氏だ。

「1896年に『明治三陸地震』が起こり、1933年には『昭和三陸地震』が起こった。これは、1度目の“海溝型地震”による海洋プレートの沈み込みで引き起こされた“アウターライズ型地震”の典型的な例。M8.5以上の地震の場合、海溝型地震とアウターライズ型地震はセットだと考えてもいいでしょう。現在は東日本大震災によって太平洋プレートが速いスピードで日本列島の下に潜り込んでいる状態。太平洋プレートがちぎれてアウターライズ型地震が襲ってくるおそれがあります。この時津波も生じます」

 さらに高橋氏は、首都圏に巨大地震が発生する可能性も示唆する。

「12月の伊豆大島近海地震の影響で、プレートのバランスが崩れてきていると考えられます。これを引き金とした大規模地震が、首都圏に起きる可能性があります」

北海道周辺と四国地方はM7クラスの地震に注意

(以下省略)

以下ソース先で

1/12(火) 8:34配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/afa45d590bde89f798714ffc59ccff7b94ebaf93?page=1
ttps://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210112-00236110-hbolz-000-1-view.jpg

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1610428989/

続きを読む

Source: 不思議.net

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク